ヒゲ脱毛は痛いって本当?体験談と痛くないクリニックを紹介

ヒゲ脱毛は痛いって本当?

ヒゲ脱毛を体験した人やネット上の口コミでは、『痛い』といった声が多く見られます。

メンズのヒゲ脱毛は幅広い世代の男性から注目を集めていますが、痛みが心配でなかなか申し込めない人も多くいるはず。

「ヒゲ脱毛の痛みは我慢できるレベルなの?」
「痛くない脱毛方法はない?」

この記事ではこういった疑問に答えて、ヒゲ脱毛の痛みに関する体験談や、痛みを抑えて脱毛する方法について解説していきます。

目次

ヒゲ脱毛はどのくらい痛い?体験談をあわせて紹介

実際にヒゲ脱毛をした人が感じた痛みはどのくらいなのか?詳しく解説していきます。

ヒゲ脱毛のデメリットとして『痛み』を挙げる人が多い

当サイトでヒゲ脱毛を体験した男性100人へアンケートをした結果、ヒゲ脱毛のデメリットとして2番目に多かったのが『痛みがある』でした。

100人に聞いた!ヒゲ脱毛のデメリットは?

100人に聞いたヒゲ脱毛のデメリット

実際にヒゲ脱毛を痛いと感じた人が、一定数いることがわかります。

ただし最多の『費用がかかる』に比べると半分ほどの割合。

ヒゲ脱毛の痛みは我慢できないほどの、致命的なデメリットとまではいかない結果となっています。

ヒゲ脱毛を痛いと感じた人の体験談

ヒゲ脱毛をして『痛い』と感じた人からは、こちらのような声がありました。

Nさん(36歳)

脱毛施術のデメリットは、痛みがあることです。
パチンパチンと肌をゴムで弾かれるような痛みがありました。

Yさん(33歳)

フラッシュ脱毛は痛みが少ないと聞いて選びましたが、それでもかなり痛みを感じました。

ニードル脱毛やレーザー脱毛はさらに痛いと聞いたので、自分にはフラッシュ脱毛があっていました。

Bさん(32歳)

初めの頃はどうしても痛いので、通い続けるのがしんどかった印象。
終わった後は毎日の面倒な髭剃りがなくなったので、やって良かったです。

痛みの感じ方としては、肌を輪ゴムで弾かれるような感覚との声が多くあります。

継続的な痛みではなく、レーザーを当てる瞬間に一瞬の痛みが走るようです。

通院中は痛みがあるものの、最終的には「やってよかった」との声がほとんどでした。

ヒゲ脱毛で痛みを感じなかった人の体験談

ヒゲ脱毛でどのくらいの痛みを感じるかには、個人差があります。
痛みを感じなかった人の体験談はこちら。

Aさん(30歳)

想像していたよりも、痛みはありませんでした。

Sさん(31歳)

そこまで痛くなかったので、笑気麻酔なしでも十分耐えられました。

Cさん(25歳)

レーザーは最初痛かったですが、徐々に慣れてきて、最終的には気にならないほどになりました。

人数こそ少ないものの、中には「痛みが気にならない」「麻酔なしでも耐えられる」といった方がいました。

特に元からヒゲが薄い人は、痛みも感じにくい傾向があります。

ヒゲ脱毛はなぜ痛い?理由を詳しく解説

そもそもヒゲ脱毛は、なぜ痛いと言われているのでしょうか。

脱毛機の仕組みも踏まえて、詳しく解説していきます。

レーザーの熱に肌が反応するから

ヒゲ脱毛で痛いと感じる理由は、脱毛レーザーの仕組みにあります。

脱毛レーザーはヒゲの黒い色素『メラニン色素』に反応するレーザーをあてて、色素を破壊して脱毛効果を発揮します。

医療脱毛のイメージ図

色素が反応する際の、熱が痛みの原因となるのです。

熱が発生するため、ヒゲ脱毛の施術後には、肌がほてる・赤くなる方もいます。

顔の中でも皮膚が薄いパーツだから

顔周辺は全身の中でも、皮膚が薄く痛みを感じやすい箇所になります。

ヒゲ脱毛の際に、特に痛みを感じるのが鼻下の部分です。

鼻下のヒゲが気になる人は、レーザーの出力を上げて脱毛する必要があるため要注意。
麻酔が使用できる医療脱毛のクリニックを選ぶなどで、対策しましょう。

特にヒゲ脱毛で痛みを感じやすい人の特徴は?

ヒゲ脱毛で感じる痛みは人それぞれですが、特に痛くなる人には特徴があります。

髭が濃い人や毛が太い人

ヒゲが濃い方は色素が集中しているため、痛みを強く感じやすくなってしまいます。

毛が太い方も、レーザーの熱が反応しやすいため痛くなりやすいです。

痛みに対しての不安が大きい人

痛みに対して不安が大きい人や緊張している人は、感覚が敏感になり、さらに痛みを感じやすくなってしまいます。

予防接種の注射などでも、同様のことが言えます。

痛みが不安な人は、別のことを考えるなどして気をそらすのがおすすめです。

痛みが少ない脱毛方法はクリニックの『医療脱毛』

ヒゲ脱毛には主にこちらの3つのタイプがあり、それぞれで痛みの強さは変わります。

脱毛タイプ痛みの強さ脱毛効果料金相場
医療脱毛
強い

高い
6〜10万円ほど
光脱毛(フラッシュ脱毛)
弱い

普通
4〜10万円ほど
ニードル脱毛×
とても強い

とても高い
10~30万円ほど

痛みを抑えながら、効果的に脱毛したい方におすすめの方法は『医療脱毛』です。

医療脱毛をおすすめする理由は、唯一医療麻酔の使用ができるから。

医療脱毛を扱う脱毛クリニックでは、医師や看護師の免許を持った人が対応するため、医療行為である麻酔を行えるのです。

費用に関しては麻酔を使用すると高くなるため、出来るだけ金額を抑えたい方は、サロンの光脱毛を選ぶのがおすすめです。

ヒゲ脱毛の痛みを減らす5つのコツ

ヒゲ脱毛の痛みを少しでも少なくしたい方は、こちらを参考にしてみてください。

麻酔オプションを毎回付ける

脱毛クリニックでは痛みが心配な人のために、オプションとして麻酔を付けられます。

痛みが心配な人は、毎回麻酔をつけて施術を行うのが良いでしょう。

麻酔を付けられる脱毛クリニック

脱毛クリニック名麻酔オプション料金
ゴリラクリニック笑気ガス3,300円/30分
麻酔クリーム3,300円/10g
湘南美容クリニック笑気麻酔2,200円/1部位
麻酔クリーム2,000円/1本

麻酔オプションは、1回の脱毛につき3,000円ほどします。

例えばゴリラクリニックの6回コースすべてで笑気ガスを付けると、麻酔だけで19,800円に。
3,300円 × 6回 = 19,800円

自分が出せる予算と相談して、麻酔を付けても大丈夫か決めましょう。

ヒゲ脱毛にかかる値段や料金相場については、こちらの記事で詳しく解説しています。

スキンケアをして肌を乾燥させない

ヒゲ脱毛をするとレーザーによる熱の影響で、肌が乾燥して荒れやすくなります。

肌荒れしていると痛みにも敏感になるため、いつも以上に肌のスキンケアに気を遣い、保湿させておくのがおすすめ。

ヒゲ脱毛をした後にすぐアフターケアできるよう、持ち運びタイプの化粧水を持っておくと安心です。

脱毛前に日焼けをしないようにする

ヒゲ脱毛を受ける前には、なるべく日焼けをしないようにする必要があります。

脱毛レーザーは髭の黒い色素に反応させて、毛根を壊します。
肌も黒い状態だとレーザーの熱に反応しやすくなり、痛みも強くなるのです。

日焼けが強い場合には、ヒゲ脱毛の施術を断られる可能性も。
普段から日焼け止めを塗るなどで、対策しておきましょう。

メディオスター NeXT PRO導入のクリニックを選ぶ

メディオスター NeXT PRO
(画像引用元:メディオスターネクストプロ | 株式会社メディカルユーアンドエイ

メディオスター NeXT PROは最新の脱毛機で、従来の脱毛レーザーより痛みが少ないです。

蓄熱式レーザー脱毛(SHR方式)という方法で、肌へのダメージも抑えられます。

ゴリラクリニックを始めとした大手脱毛クリニックで導入されているので、希望する人はカウンセリング時に相談してみましょう。

痛みの少ない光脱毛も検討する

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、痛みが少ない脱毛方法です。

医療脱毛のレーザーより肌の浅い層で反応するので、痛みを減少できますが、その分脱毛効果も弱くなってしまいます。

光脱毛は、費用が安いのがメリットです。
ただしヒゲが濃い方は何回も通う必要が出てくるため、思ったより安くならないケースも。

基本的には医療脱毛がおすすめですが、どうしても痛みが気になる人や初期費用を抑えて脱毛したい人は光脱毛を選びましょう。

この記事を他の人にシェア!
目次
閉じる