ヒゲ脱毛の効果が出る回数はいつ?実感できるまでの期間を調査

ヒゲ脱毛の効果とは?

ヒゲ脱毛を考えている男性が気になるのが、効果が実感できるまでにかかる回数や期間です。

「ヒゲ脱毛の効果が出るまでに、どのくらい通えばいいの?」
「何回のプランを選べばしっかり脱毛できる?」

この記事ではこういった疑問に答えて、ヒゲ脱毛の種類や回数による効果の違いや、おすすめの脱毛クリニック・サロンをご紹介します。

すでにヒゲ脱毛を経験した方へアンケートを行い、効果が出るまでの期間も調査しています。

これからヒゲ脱毛をするか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ヒゲ脱毛の効果が実感できるのはいつ?種類ごとに解説

ヒゲ脱毛の効果を実感するためには、1回だけでなく何回か通い続ける必要があります。

効果が出るまでに必要な回数は、ヒゲ脱毛の方法やレーザー機器などの種類によって異なります。

ここからは、各脱毛方法の効果や回数について解説していきます。

髭の濃さや体質によっても、人それぞれ異なるため注意しましょう。

医療脱毛は少ない回数で効果が出やすい

医療脱毛は、ヒゲの毛根にレーザーを照射して、毛根を壊すことで脱毛する方法。

ヒゲ脱毛の中では最もポピュラーな手法で、メンズ美容クリニックの大手『ゴリラクリニック』でも、この医療脱毛を採用しています。

医療脱毛で効果が出るまでに、必要な回数は6〜15回ほど

医療機器による強力なレーザーが使用できるため、比較的少ない回数で効果を実感できるのがメリット。

1回目の脱毛ですでに「髭が生えにくくなった気がする」といった声もあります。

光脱毛は効果が出にくいがコスパがいい

光脱毛はヒゲの毛根にレーザーをあて、ヒゲの成長を抑える脱毛方法です。

医療機器での施術ができないため、医療脱毛に比べると、効果が出るまでに時間がかかる傾向があります。

光脱毛にかかる回数は、約10〜20回ほど

時間はかかるものの、その分安めの金額でコスパよく脱毛できるのがメリットです。

ニードル脱毛は効果的だけど注意点も

ニードル脱毛はヒゲの1本1本に針を刺し、電流を流して処理する脱毛方法。
15〜20回ほどの回数がかかります。

毛穴ごとに確実に脱毛するため永久脱毛したい方に向いており、最も効果の高いヒゲ脱毛方法です。

レーザーを使った脱毛では対応できない、一部分を残したデザインヒゲや、白髪のヒゲにも対応可能。

ただしニードル脱毛には、「費用が高い」「痛みが強い」といった注意点もあるので、覚えておきましょう。

100人に聞いた!ヒゲ脱毛にかけた回数と期間はどのくらい?

当サイトではヒゲ脱毛の効果について調査するため、ヒゲ脱毛を行った男性100人へアンケートを実施。

実際にヒゲ脱毛にかかった回数と期間は、こちらのようになっていました。

100人に聞いたヒゲ脱毛にかかった回数
100人に聞いた!ヒゲ脱毛にかけた時間

ヒゲ脱毛にかけた回数で、最も多かったのは6〜10回でした。

ヒゲ脱毛は2週間に1回ほどで通う方が多く、かけた期間でも1〜6ヶ月以内にヒゲ脱毛を完了させた人が最多でした。

中には、2年以上の期間をかけてヒゲ脱毛を完了させた方もいます。

ヒゲ脱毛の期間が長くなる方は、「ヒゲが濃い」「青髭が目立つ」といった理由で脱毛を始めるケースが多い傾向でした。

体毛が濃い方は、効果が出るまでに時間がかかるのを覚えておきましょう。

アンケート調査手法:インターネットでのアンケート調査
調査元:クラウドワークス
調査期間:2021年1月24日〜2021年2月07日
ターゲット:ヒゲ脱毛を経験した男性
サンプル数:100

ヒゲ脱毛に効果的なおすすめクリニック・サロン

ここからは、ヒゲ脱毛をするのにおすすめな脱毛クリニック・サロンを紹介していきます。

効果的な医療脱毛から、安くできる光脱毛まで紹介しますので、自分にあったものを選びましょう。

ゴリラクリニックは強力なレーザー機で脱毛できる

脱毛タイプ医療脱毛
基本コース料金ヒゲ3部位
6回:75,680円(税込)
部位追加部位追加(ほほ・もみあげ)
6回:64,460円(税込)部位追加(首)
6回:49,500円(税込)
オプション笑気麻酔:3,300円(税込)/30分
高濃度表面麻酔クリーム:3,300円(税込)/30分
アフターフォロー3年間 追加脱毛:100円(税込)/1回
キャンペーン・学割
・乗り換え割
・ペア割
・同時割

※ 2021年2月時点の情報です。

ゴリラクリニックは医療脱毛を受けられる、メンズ専門の美容クリニック。
これまでに260万人以上の男性治療の実績があり、信頼感も高いです。

ゴリラクリニックでは、効果が高い強力な医療レーザー機でヒゲ脱毛できるのがメリット。

ほとんどの脱毛クリニックでは、脱毛機は2〜3種類の脱毛機の取り揃えですが、ゴリラクリニックには5種類のレーザー機があります。

より個人の肌質や毛質に合わせた、ヒゲ脱毛を受けられます。

中でも注目したいのが、最新のレーザー脱毛機『メディオスター NeXT PRO』での施術を受けられること。

メディオスター NeXT PROとは?

メディオスター NeXT PRO

(画像引用元:メディオスターネクストプロ | 株式会社メディカルユーアンドエイ

従来の脱毛機との違いは、痛みをほとんど感じないこと。

メディオスター NeXT PROでは、毛根より浅い『バルジ領域』と呼ばれる層へ、ダメージを与えて脱毛します。

これまでの医療脱毛器のように、毛根までレーザーを当てる必要がないため、肌への刺激が少なく痛みも抑えられるのです。

湘南美容クリニックは効率よく脱毛できる

脱毛タイプ医療脱毛
基本コース料金ヒゲ3部位(上口ヒゲ、アゴ、アゴ下)
1回:9,980円(税込)
3回:20,160円(税込)
6回:30,350円(税込)
部位追加もみあげ周囲・頬
1回:8,650円(税込)
3回:20,160円(税込)
6回:30,250円(税込)


1回:6,180円(税込)
3回:17,730円(税込)
6回:29,280円(税込)

など

オプション脱毛専用 麻酔クリーム:2,000円(税込)
笑気麻酔:2,200円(税込)
アフターフォロー
キャンペーン

湘南美容クリニックは、全国80箇所以上に展開している美容クリニックの大手。

メンズのヒゲ脱毛は1回・3回・6回の中から、好きな回数のコースを選択可能
自分に合わせた必要な回数だけ通えるため、効率よく医療脱毛できます。

6回コースの価格は30,250円と、他の医療脱毛と比較してもリーズナブルです。

メンズTBCは効果の高いスーパー脱毛ができる

脱毛タイプニードル脱毛(美容電気脱毛)
基本コース料金ヒゲ脱毛体験コース(150本)
1,000円(税込)
ビジター価格
132〜145円(税込)/本
メンバー価格
110〜121円(税込)/本
部位追加胸:9,680円(税込)
腹部※1:9,680円(税込)
上腕:9,680円(税込)
ヒジ下:9,680円(税込)
オプションNPコンディショニング クール:3,300円(税込)
VCリカバー-S:3,300円(税込)
EFエアロクール:2,200円(税込)
など
アフターフォロー
キャンペーン・初回1,000円体験コース
店舗数48店

※ 2021年2月時点の情報です。

メンズTBCは、ニードル脱毛と呼ばれる脱毛方式を採用しているメンズ美容サロン。

美容先進国のアメリカで140年以上の実績を持つ方法で、効果の高さが認められています。

1本ずつ確実に処理するため効果的で、10年後・20年後までヒゲ処理の手間から解放されます。

ニードル脱毛は料金が高くなるのがデメリットですが、メンズTBCでは新規の方限定で、体験コースが1,000円で受けられます。

初めての方でも、気軽に試せるのが嬉しいですね。

ヒゲ脱毛の効果を高めるための5つのコツ

ここからはヒゲ脱毛を受ける前に知っておきたい、効果を高めるためのコツについて解説します。

施術前にやってはいけないこと・やっておいた方がいいことを、あらかじめチェックしてみましょう。

麻酔を使うと痛みを抑えられる

ヒゲ脱毛の不安要素として、よく挙げられるのが『痛み』です。
特に毛が太い・ヒゲが濃い場合は、強い痛みを感じやすくなります。

どうしても痛みが心配な方は、医療脱毛のクリニックで麻酔を使用可能です。

1回2,000〜3,000円ほどの料金で、笑気麻酔や麻酔クリームといったオプションを付けられます。

もちろん麻酔を使用しても、ヒゲ脱毛の効果が弱くなることはありません

毛抜きでヒゲを抜かないようにする

ヒゲ脱毛へ向かう前には、自分で事前に髭剃りをします。

この際に、毛抜きでヒゲを抜くのはNG!
シェーバーなどを使用して、髭剃りをしておきましょう。

ヒゲ脱毛は、髭の毛根にレーザーを当てて脱毛を行います。
毛抜きで毛根ごと引き抜いてしまうと、脱毛の効果が弱まってしまいます。

普段から毛抜きを使っている方や、自分でヒゲを抜くのが癖になっている方は注意しましょう。

ニードル脱毛を受ける場合のみは、1日ヒゲを伸ばしてピンセットつまめる程の長さにしておきましょう。

ヒゲ脱毛前に日焼けをしないように注意

ヒゲ脱毛の施術を受ける前には、なるべく日焼けしないようにするのが鉄則です。

医療脱毛や光脱毛のレーザーは『メラニン色素』と呼ばれる、体内の黒い色素に反応させて脱毛効果を発揮します。
日焼けをしていると、ヒゲだけでなく肌が黒い部分にも反応して、やけどをする可能性があります。

外仕事でどうしても日焼けしてしまう方や、これまで日焼けサロンへ通っていた方などは、カウンセリングで医師に判断してもらいましょう。

多少の日焼けであれば、レーザー機や肌質によって対応できるケースもあります。

ヒゲ脱毛の前日はお酒を飲まない

ヒゲ脱毛の前日は、飲酒を控えておくべきです。

お酒を飲むと、肌の赤みや体温の上昇によって、レーザー機での痛みを感じやすくなってしまいます。

肌トラブルになる恐れもあるため、脱毛する日の前後はアルコールを摂らないようにしましょう。

ヒゲ脱毛後は肌荒れしないようにケアする

ヒゲ脱毛をした後は、普段より肌が荒れやすくなるケースがあります。

毛根を破壊するほどの効果がある、強力なレーザーを使って脱毛するため、少なからず肌もダメージを受けてしまうのです。

施術後には肌荒れしないように、以下のようなケアを行うのがおすすめ。

  • 化粧水で保湿する
  • 日焼け止めを塗る
  • 冷たい水で洗顔する

脱毛をした当日は、肌にまだ熱が残っておりダメージを受けやすい状態になっています。

入浴やサウナなどは、熱によって肌荒れの原因となるため控えておきましょう。

ヒゲ脱毛の効果についての気になることQ&A

ヒゲ脱毛の効果を実感するために、回数や部位などで気になることを、質問形式で解答していきます。

1回のヒゲ脱毛でも効果を実感できる?

1回だけの施術では、効果を実感しづらいです。
ヒゲが生えなくなるまで脱毛するには、複数回に分けて通う必要があります。

ヒゲを含めた人間の毛は、こちらのような周期に沿って生え変わっています。

『成長期』→『退行期』→『休止期』

脱毛レーザー機の効果が出るのは、成長期の毛のみ。
施術のタイミングで退行期や休止気の毛は、後から生えてきます。

完全にヒゲが生えなくなるまでヒゲ脱毛する場合、5〜10回ほど通うこととなります。

ヒゲを永久脱毛してもまた生えてくることはある?

永久脱毛をすると、ほとんどヒゲは気にならなくなりますが、確実に2度と生えてこないとは言い切れません

そもそも日本では『永久脱毛』の効果に関する定義が、明確に決まっていません。

永久脱毛プランを選んでも、まれに少量のヒゲが生えてくるケースもあります。

永久脱毛をするならニードル脱毛がおすすめ

アメリカではFDAと呼ばれる機関が、永久脱毛と認められる方法として『ニードル脱毛(美容電気脱毛)』を挙げています。

永久脱毛はどうやってするの?
永久脱毛が行える唯一の方法は美容電気脱毛です。
美容電気脱毛は、FDA(米国食品医薬品局)がPermanent Hair Removal(=永久脱毛)と認めた脱毛法です。
※FDAによる見解(英記)

(引用元:永久脱毛はどうやってするの?|一般社団法人日本スキン・エステティック協会(JSA)

日本では『メンズTBC』などで、ニードル脱毛の施術を受けられます。

ニードル脱毛は医療脱毛に比べて費用が高くなるため、コストをかけてでも確実にヒゲ脱毛したい方におすすめです。

パーツや部位によって効果が変わることはある?

ヒゲ脱毛では、あご・鼻下・もみあげ周辺などの様々なパーツを対応できますが、部位によって効果が変わることはありません

ただし特に髭が濃い部分は、効果が出にくい可能性があります。

髭の密度が高い部位は、火傷を防ぐためにレーザー機の照射レベルを弱めながら脱毛を行います。

他の部分に比べて時間がかかるため、脱毛の効果が出づらいと感じますが、濃い部分もしっかり脱毛可能です。

家庭用脱毛器でもヒゲ脱毛の効果はある?

「わざわざヒゲ脱毛に通わなくても、自宅で脱毛器を使えばいいのでは?」と考える方もいますが、家庭用の脱毛器では完全にヒゲを脱毛するのは難しいでしょう

個人差によりますが、「ヒゲが薄くなった」「生えるのが遅くなった」などの多少の効果は実感できるものの、ヒゲが生えなくなるまで脱毛できる出力は家庭用脱毛器にありません。

家庭用脱毛器のメリットは肌へのダメージが少なく、クリニック・サロンの強いレーザーだと肌荒れをしてしまう方も使用できる点です。

より早く効果を実感したい人は、ゴリラクリニックなどの医療脱毛に通うのが最も効率的です。

この記事を他の人にシェア!
目次
閉じる